秋葉原でmicroSDHCカード(32GB)を買ったら壊れていた!メーカーに問い合わせたら…(2/2)

シェアする

秋葉原に行く都合をつけて、交換してもらってきました。

この購入価格 990円(うろ覚え)ですので実のところ交通費を考えると、交換にいくよりも

郵送のほうが安いってこともあります。

では、同じように、パッケージをあけてすぐに、私が性能確認のため、PCとPanasonicの R/Wで確認したら、どうもまた壊れてしまったみたいです。

DSC_0061

2度も10分程度で壊れるっていうのは、2度とも初期不良とは考えられないし(もしもそうだったら初期不良率が高すぎる)、どこかに問題がありそうです。 Panasonicの高級な SD R/Wを使っていますし、また他では全く問題ないとすると、悪者は、このSDカードと推測できます(あくまで推測で、断定できません)。何をするか推測すると、イレーズ(フラッシュメモリでの消去)したところを書き込み等を行わず、再度イレーズすると壊れるっぽい動きです。もう一度交換してどこに問題があるか調べるのもいいのですが、こちらの労力ばかりかかってしまうのでここで調査は打ち止めです。

と、いうことでこのSDカードは購入しても、このSDカードには問題があるかもしれませんのでイレーズを行うようなことはしないほうがいいでしょう。このようなことが起きるSDカードは初めてでした。ちなみに、このSDカードの製造メーカは 韓国 Barun Ele. という会社です。

他、ホームセンター(Island忠)に行ってみたところこれが売っていました(置き場としては大き目で)。価格も全く同じもの(見た目が)この価格の3.7倍ほどの 3700円という高値でした。メーカ名も同じでしたのできっと同じかもしれませんで気を付けてください。3700円も買ってすぐに壊れた、交換、さらに壊れて、、、の手間を考えると避けるべきかもしれません。

ただし、パッケージが同じでも、中身は全く違うこともありえます。