思い込みしていませんか?:USBメモリはリムーバブルディスクとは限らない

シェアする

USBメモリに関して、今までUSBメモリはリムーバブルディスクと思っていました。黎明期のころならば、なんでもあったと思うのですが、最近はすべてリムーバブルと。しかし、例外なのか、これからはリムーバブルディスクではなくなるのか。。。。

sandisk_extreme_usb

固定ディスクとして「ボリューム(D)」としてアイコンがあるが、これは実はUSB メモリです。通常、「リムーバブル
記憶域」側に出てくるのに、ここに居座っています。これだと、USBメモリのセクターイメージを扱うWindowsのツールがほぼ全滅です。USB メモリ起動でセクタイメージを書きたくても書けません。このようなUSBメモリがあるので注意しましょう。固定ディスクとして認識されると、カーネルバッファーの対象となり、write backのキャッシュが有効になり性能があがるとは思うのですが、、、、用途としてそういう使い方がよりも、リムーバブルとして見えないと使えないので困っています。Dipスイッチなどで切りかえられたらいいのですが(たった1ビットだけ応答を変えるだけなので)。

ちなみに、このUSBメモリは、速いので有名な、 SanDisk Extreme USB 3.0 です。リムーバブル目的の方はご注意ください。