SD アソシエーションとは?

シェアする

SDアソシエーション(SDA)について

SDアソシエーションは、業界指針となるメモリーカード規格を策定するグローバルな規格団体です。
SDカードはデジカメ、ムービーカメラ、スマートフォン、携帯電話、タブレット、NAVI、ドライブレコーダ、PCなどのデータ交換媒体として世界中で使われいます。
SDアソシエーションは、SD規格の策定と世界中でSD規格の普及促進活動を行っています。世界中の多くの機器がSD規格を採用することで、SDカードを介してデータの相互互換性を実現しています。
SDアソシエーションは、メモリーカードのストレージに関する規格の策定と普及のための業界団体として、パナソニック・米国サンディスク・東芝の3社により2000年1月に設立されました。現在、SDアソシエーションでは約1,000社の会員企業がSD規格の策定とSDカード・SDホスト機器の開発に当たっています。
SDアソシエーションは誰でも加入することができ、全員にすべてのSD規格に関する最新情報が提供されます。これにより、SDA会員はSD規格に準拠し他のSD対応デバイスと連携して動作する製品やソリューションを開発することができます。
また、SDA会員は委員会や作業部会をはじめとするSDアソシエーションの規格策定活動に参加でき、最新のSD規格を採用したSDカードやSDホスト機器を開発できます。

トレンディもSDアソシエーションの会員です。
そして、SDアソシエーションのSDフォーマットやテスト・ツールなど、規格策定に参画し、世界のSDカード製造メーカやSDホスト機器メーカなどにSDカードの検証・開発ツールを提供しています。
また、SDアソシエーションからの委託を受けSDカードフォーマットツールを開発・提供し、世界中にSDカードの正しい使い方と普及を行っています。

ドライブレコーダやカーナビなどの車載機器もSDカードを使う場合はSD規格に準拠した作りが必要ですので、お困りの際は是非トレンディにご相談ください。