SDカードには寿命がある でも、誰も知らないSDカードの寿命

シェアする

SDカードには寿命があるのですか?

SDカードは、製造製品ですので一生モノということはありませんので壊れます。壊れるのがいつかというのが寿命という言い方ですが、人間と違って年だけでなく、書き込み回数にも大きく依存します。書き込みを一切しないでも壊れますので、当然年にも影響します。初期のSDカードは技術的にまだ遅れていたので書き込みを一切しなくても数年で壊れていると思います。現在のSDカードは別な意味でそれほど伸びているわけでないのでこれもほんの数年でしょう。

書き込み回数については、SDカードフォーマットツールでクイックフォーマットではなく、オーバーライトフォーマットで書き込むと回数が増えますし、ドライブレコーダーや、監視カメラの常時録画など永遠に書き続ける機器もありますのでこれらの場合はすぐに壊れてしまう場合があります。

最近、SDカード、またはmicroSD カードが壊れた症状の1つに、「書込みができない」 場合があります。これは、他にも原因がある場合もありますが、SDカード側に原因がある場合は、この寿命がきたことを知らせる症状のようです。

実験室のデータとして、SSDや、SDカードに使われているNANDフラッシュメモリの素子の書き込み回数の上限が、 SLCタイプは10万回、MLCタイプ1万回、TLCタイプは1000回と言われています。1000回というのは、DVD-RW,BD-REレベルと書込み回数上限同じとなります。現在の容量からSDカードは、TCL,MLCのみであり、SLCは通常ありません(SLCは産業用のみとなっています)。

これがそのまま、SDカードの書き込み回数の上限とはならないように、SDカードにはコントローラがあり、それが制御しています。この機能を、ウェアレベリング 機能と呼ばれています。今のほとんどのSDカード、microSDはすべてこのウェアレベリング機能が入っていて同じファイルに上書きだけしてもそう簡単には壊れてないようになっています。

SDカードの寿命の考え方は こちら

SDカードの寿命がどのくらい残っているのかを知るには、こちらから