東名高速道路事故で学ぶドライブレコーダーの重要性

シェアする

東名高速道路での事故がきっかけでドライブレコーダの必要性がだんだんと周知されてきていると思います。この事故はこちら

東名高速道路の事故は、簡単には前を走っている車が高速道路で急ブレーキなど走行の邪魔をして車を止めさせて、車を降ろされてところで別な車に轢かれて亡くなるという痛ましい事故でした。

これらの事故は目撃者も高速道路ですから止まることなく走り去るわけですから、証拠もなかなか見つからないとうところで、他の車のドライブレコーダを参考に捜査したとあります。

だれも自分が当事者になるとは思っていないわけで、ドライブレコーダはいらないというのではなく、いつ当事者になっても、時間がかかることなく参考となる証拠を出せる、またはだれでも目撃者となるということもありえますから説明しなくてもみたものそのままとなります。車一台に1個、または前後にそれぞれなどはドライブレコーダが必須となる時代が来ています。今までイモビライザーが車両保険の割引でしたが、それもなくなり、少しですが、ドライブレコーダで割引になる保険会社もあるようです。 

Translate »